水撃システム

水撃法とは?

配管内を流れている流体を急に閉鎖すると流体の慣性運動量が急激な圧力に変わる。
これを水撃(Water Hammer)現象と呼ぶ。
この現象を応用して、僅かの時間に大きい圧力差を作りだし、有機汚泥の主成分細菌の細胞膜を破壊してから、微生物の餌として、曝気槽に再返送する。この方法で汚泥を削減する。

水撃装置写真(淡水下水処理場)
クリックで拡大

水撃法-汚泥処理技術の特徴

技術の特徴とメリット

  • 低設備コスト
  • 大量処理(10-50t/日)が可能
  • 故障が少ない

具体的な効果

  • 汚泥削減率50%(水分減少)
  • 含水率低下による汚泥燃料化

水撃処理システムのご紹介スライド
クリックで拡大